頭皮や髪に一番長く触れるもの

毎日、髪に使うものと言えば、くしやヘアブラシではないでしょうか。
頭皮や髪に一番長く触れるものですから、育毛中はそれに適したくしやヘアブラシを選ぶことが重要になります。
もし先端がとがっているものを使うと、頭皮に触れて傷がつく可能性がありますし、髪をとかすと静電気が発生するナイロンブラシは避けたほうが無難です。
これらの製品よりは値段が高くなってしまうものの、天然素材が使われているヘアブラシの方が育毛に適しています。
何気なく行っているケアが、本当は育毛や養毛にとって逆効果になっているケースがままあります。
例を挙げると、いち早い結果を求めて使用上の注意に記載されていることを守らずに多く育毛剤などを塗布した場合です。
大量に使えばその分効果が増す訳ではないです。
また、配合されている成分によっては限度を超えた使用は肌トラブルを引き起こす原因になることだってあるので要注意です。
現在わかっているところではAGAを発症するかしないかを決めるのは、遺伝的な要素も強いですが、DHTのような男性ホルモンによる影響も大きいです。
それとは別に、食生活や睡眠サイクル、入浴の仕方などのほか、精神的要因も指摘されています。
しかしながらこれまで発生機序がはっきり判明しているところというと、ある種の酵素による男性ホルモンの変質だけです。
皮脂腺で分泌される酵素により男性ホルモンが別の男性ホルモンDHTに変化し、それが髪の成長を阻害するのです。